劣化対策等級 [ レッカタイサクトウキュウ ]

建物の耐久度、長持ちの程度をランクづけしたもので、住宅性能表示表示の項目となっているもの。

建物に用いられている材料や、鉄筋の錆び対策、水分・湿気対策、また木材におけるシロアリ対策などにより、建物の劣化を軽減させる対策のレベルを示している。

1~3の等級で表示され、等級3では3世代(75年~90年)、等級2では2世代(50年~60年)の期間、大規模な改修工事が必要ないと判断される。

edit