ロ準耐 [ ロジュンタイ ]

2種類ある準耐火構造の一つ。

イ準耐以外の建物のうち、イ準耐に匹敵する耐火性能を持った建物をロ準耐という。「建築基準法第2条9号の3ロ」に定められていることから、こう呼ばれている。

かつては「簡易耐火建築物」とも呼ばれていたもので、外壁を鉄筋コンクリートなどの耐火構造にしている、また屋根を瓦にするなどの不燃材科で建て、主要構造部の耐火性を高めた建物を一般にロ準耐という。

edit