ユニット工法 [ ユニットコウホウ ]

住宅を建てる際に、あらかじめ工場で外壁や内装などの部材を完成に近い状態まで仕上げ、それを現場で組み立てるという建築工法。プレハブ工法の一種。

工場で生産されるために高い品質や強度を確保することができ、また工期が短いという利点がある。

ただし、工場で生産したものを現場まで運搬するため、あまり特殊な形を作れなかったり、建築には大型機械を使用するため、敷地の周辺が狭い場合には建築が困難になるといったデメリットもある。

edit