預金連動型 [ ヨキンレンドウガタ ]

住宅ローンの利息が、ローンの残高から預金残高を差し引いた分にしか掛からないという住宅ローン。

例えばローンが2,000万円残っている状態で、1,000万円の預金があれば、2,000万-1,000万=1,000万となり、この1,000万円に対して利息が掛かることになる。

つまり預金残高が多ければ多いほど、利息の支払いが少なくなるという仕組み。預金をしていけば、資金を手元に残しながら繰上げ返済と同じ効果を得ることができる。

edit