丸太組工法 [ マルタグミコウホウ ]

ログハウスに用いられる工法で、樹皮を剥いだ丸太材や、丸みをカットした角材を使って、それを水平に積み重ねていくことで壁を作っていく。

耐震性を確保するため、ボルトを壁材が交差する部分に入れる場合がある。欧米や山間部のリゾート地の建物に見られる工法で、東大寺の正倉院においても類似した造りとなっている。

間取りや設備の変更、また増改築が困難になるという弱点がある。

edit