不動産取得税 [ フドウサンシュトクゼイ ]

住宅や土地を新築、売買、贈与などして取得した場合、その不動産が所在する都道府県が課す地方税のこと。登記の有無に関係なく、不動産の所有権を取得すれば課税対象となる。

一般的に税率は、取得した土地や家屋の固定資産税評価額の4%になっている。なお平成18年3月31日までに取得した場合は、3%に引き下げられる。また相続による取得に関しては、課税されない。

edit