普通借地権 [ フツウシャクチケン ]

借地借家法における借地権の一つ。

賃貸借契約の期間が満了となっても、地主側に土地の返還を求める正当な事情や理由がなければ、借地人の希望によって借地契約が更新される。

事前に借地権の存続期間が設けられなかった場合は30年に設定され、1回目の更新では20年の存続期間、以後は10年の存続期間となっている。

これに対して、借地権の賃貸借契約が期間満了となったら、更新が行われずに土地が返還されるものを定期借地権と言う。

edit