壁芯 [ ヘキシン ]

内法と異なり、壁の厚みの中心線で囲まれた部分のこと。床面積を算出する際には、壁の厚み部分も含まれるため、内法よりも大きな面積となる。

分譲マンションの広告などに記載されている床面積は、たいていこの壁芯で計算されているので、実際に使用できる面積は少し狭くなる。

建築基準法においては壁芯面積が採用されているが、登記をする場合や税金の軽減措置に用いられるのは内法面積なので注意が必要である。

edit