法定金利 [ ホウテイキンリ ]

利息制限法によって定められた利率の上限のこと。金利の上限は○%まで、という形で法律によって制限が設けられている。

これは借入額や契約の内容によって変わってくるが、基本的に借入金額が、

(1) 10万円以内の場合、法定金利は20%
(2) 10万円~100万円の場合、法定金利は18%
(3) 100万円以上の場合、法定金利は15%

となっている。また返済の支払いが遅れてしまった際の遅延損害金に対しても、それぞれ上限が定められていて、(1)で29.20%、(2)で26.28%、(3)で21.90%となっている。

edit