根抵当権 [ ネテイトウケン ]

抵当権の一つ。住宅ローンを組む際など、通常の抵当権は特定債権を担保としているが、根抵当権は不特定の複数債権を担保とすることができる抵当権。

継続的な取引を行う場合、あらかじめ借入れ可能な限度額(極度額)を設定し、一括して担保をしておき、極度額の範囲内で繰り返して貸し借りを行えるようにする。

はじめに根抵当権の設定登記をしておけば、次に借入れた際に登記の手続きを省くことができる。何度も取引する場合に便利。

edit