登記簿謄本 [ トウキボトウホン ]

「謄本」とは「原本の内容を全て写し取った文書」のこと。つまり登記簿謄本とは、土地や建物の所在地や面積、所有者に関することなど、登記簿の内容を複写(コピー)したものである。

世間に公表するために行う不動産登記は、誰でも閲覧したり交付してもらうことができる。ただし手数料が必要となる。また登記簿謄本のように全てではなく、原本の一部だけをコピーしたものを登記簿抄本という。

edit