定期借地権 [ テイキシャクチケン ]

1991年に制定された借地借家法によって定められた権利。土地所有者のために作られた権利で、契約期間が終了すると借地権が消滅し、所有者の元に返還される制度のこと。

借り手は契約期間中にその土地に家を建てることができるが、契約の更新はなく、契約期間が終了すると建物を取り壊し、更地にして所有者に返還する。

土地所有者は安心して土地を貸すことができ、また借り手は、土地を借りるだけなので安い費用でマイホームを建てることができるというメリットがある。

edit