ツーバイフォー工法 [ ツーバイフォーコウホウ ]

正式名称「枠組壁工法」と呼ばれる建築工法の一つ。断面が2×4(ツーバイフォー)インチ寸法の木材で骨組を作り、そこに構造用合板や石膏ボードなどで壁を造る工法。19世紀にアメリカで開発された。

床と壁の「面」で家を支えているため耐震性に優れ、石膏ボードによって耐火性も高められている。さらには耐久性、省エネ、気密性にも優れており、ヨーロッパはじめ世界各国に普及している。

edit