在来工法 [ ザイライコウホウ ]

日本に昔からある伝統的な建築工法で、垂直に立てた柱と柱に梁を渡して建物を支える仕組みになっているもの。

木造軸組工法とも呼ばれ、和風住宅に見られる工法。大きな開口部を確保できるため、日当たりや風通しがよく、間取りも自由にできる。また増改築が容易に行えるというメリットもある。

しかし建物の品質が職人の技術に左右されやすいというデメリットも存在する。また地震に弱いという弱点もあるが、近年では耐震かも進み、その問題は解消されつつある。

edit