実測売買 [ ジッソクバイバイ ]

土地や建物の売買に関する契約方法の一つ。

土地や建物を売買する時に、登記簿謄本(公簿)に表示されている面積に頼らず、測量士の手で実際に測量して土地面積を求め、その面積に基づいて売買価格を決定すること。

農地や山林などでは公簿売買が行われるが、地価の高い都市部では実測売買が中心となっている。

実測面積と公簿面積はしばしば異なり、実測面積が公簿面積よりも小さいことを縄縮みと呼び、大きいことを縄延びと呼ぶ。

edit