所有権移転登記 [ ショユウケンイテントウキ ]

土地や建物などの不動産で、売買取引や贈与、相続などによって所有者が変わった時に行う登記のこと。

これは所有権が移転したことを明確にし、誰から誰に、どんな不動産が、いつ、どのような理由で移転したかを登記することで、第三者に対してその不動産の所有権を主張することができる。

所有権移転登記は、原則として以前の所有者と新しい所有者が共同で申請しなければならない。ただし相続の場合は、以前の所有者は死亡しているため、新しい所有者(相続人)だけで申請することができる。

edit