出資法 [ シュッシホウ ]

法外な金利などを禁止し、貸金業者を規制するための法律。

金利の上限は利息制限法に定められているが、これには罰則規定がないという弱点がある。そのためこの法定金利を超える金利を適用している消費者金融も存在する。

しかし出資法の上限金利を上回る金利を設定すると、債権者は懲役もしくは300万円以下の罰金が課せられる。出資法における金利の上限は、29.20%と設定されている。

edit