準防火地域 [ ジュンボウカチイキ ]

市街地における火災の危険と延焼を防ぐため、都市計画に基づいて防火地域に準じて指定される地域のこと。

(1) 地上4階建て以上の建物、また3階建てでも延べ床面積が1500㎡以上の建物は、必ず耐火構造にする
(2) 3階建てで延べ床面積が500~1500㎡は、少なくとも準耐火構造にする
(3) 2階建て以下の建物以下の場合でも、木造の場合などは外壁や軒裏を防火構造にする

など地域内の建物には様々な厳しい制限が設けられている。

edit