準耐火構造 [ ジュンタイカコウゾウ ]

耐火性能が「耐火構造」に準ずるものを準耐火構造と言う。屋根や壁、柱といった建物の主要構造部が火災に強く、鎮火するまで延焼や防止を防ぐ一定の性能を持っているものが、準耐火構造となる。

耐火構造の場合は延焼の防止だけでなく鎮火後の再利用が可能だが、延焼の防止だけに目的が置かれている。住宅ローンの融資条件は建物の構造によって変わってくるが、準耐火構造は木造住宅と比べてメリットがある。

edit