スケルトン・インフィル [ スケルトン・インフィル ]

頭文字を取って「SI」とも呼ばれる。建物の骨格となる構造部分(スケルトン)と、設備や内装(インフィル)を分離して設計すること。

現在の住宅は構造と内装・設備が密接な関係にあるため、間取りを変更するためには大きな費用負担となる。ところがスケルトン・インフィルでは、建物の構造に関係なく自由に間取りの変更を行うことができる。

子供の誕生や成長など、家族構成の変化やライフスタイルの変化に合わせて内装や設備を変え、その住宅で長く暮らすことが可能となる。

edit