借地借家法 [ シャクチシャクヤホウ ]

従来の借地法、借家法が一本化された法律で、1991年に制定された。借地や借家の権利関係や契約について定めた法律。それまでになかった定期借地権制度が新たに規定された。

これにより土地所有者は安心して土地を貸せるようになった。また通常、賃貸借契約においては、借り手の立場は不利なものとなる。そこで建物の賃貸に関して、借地借家法は借り手の立場を保護するために改正が行われた。

なお、改正以前の契約を保護するために、旧法は現在も存在している。

edit