新耐震 [ シンタイシン ]

建物が地震に耐えられることを耐震と言う。新耐震とは1981年に改正された建築基準法に基づいて設計された建築物などのことで、耐震設計が強化されたもの。

震度5程度の地震が発生しても軽微な損害で押さえること、また震度6~7の大地震が起きても、人命に関わるような倒壊を防ぐよう設計に規定が設けられている。

そのために使用するコンクリートの量、鉄筋の本数や太さなど、建築を行う際には耐震強度を記した構造計算書を提出することになっている。

edit