高齢者等配慮対策等級 [ コウレイシャトウハイリョタイサクトウキュウ ]

高齢者や障害者に対してどの程度の配慮が行われているかをランクづけしたもので、住宅性能表示表示の項目となっているもの。

等級は5段階に分かれており、建築基準法が定めた安全性をクリアしていれば等級1となる。

また移動時の転倒や転落を防止する措置が講じられている、車椅子使用者の介助が容易に行える、といった項目で等級が定められている。

edit