公簿売買 [ コウボバイバイ ]

土地や建物の売買に関する契約方法の一つ。

土地や建物を売買する時に、法務局や役場の登記簿謄本に表示されている面積で、売買価格を決定する方法。測量に関わるコストと時間の削減のために行われるが、登記簿に記載された面積と実際の面積が異なっている場合が多い。

しかし物件購入後に実際の面積と公簿面積が異なっていても、その差額を請求することは通常できないことになっている。この公簿売買とは逆に、実際の測量に基づいた面積で売買することを実測売買と言う。

edit