建築工事届 [ ケンチクコウジトドケ ]

建築工事を行う際には、建築主は事前に都道府県知事に対し、建築主事を通して建築工事届を建築確認申請と共に提出しなければならない。これはわが国の建築状況を把握するために行われる。

建設工事を行う建築物の床面積の合計が10㎡以上の場合は、必ず届出が必要と定められている。ただし、これは敷地全体の合計ではない。また建物を改築・解体する場合には、同じように建築物除去届を提出する必要がある。

edit