金銭消費貸借契約 [ キンセンショウヒタイシャクケイヤク ]

いわゆるローン契約と呼ばれるもので、住宅購入資金を借り入れる際に金融機関と結ぶ借入契約のこと。

返済には、借入額に利息をつけて返済する。住宅ローンの場合は通常、抵当権を購入する住宅に設定し、これを担保として融資を受けることになる。

そのため抵当権設定契約を金銭消費貸借契約と一緒にし、「金銭消費貸借抵当権設定契約」と言われる。契約書には借入金額や返済期日、利率などの契約内容が記載される。

edit