逆梁工法 [ ギャクハリコウホウ ]

天井と梁の位置が逆転して配置される工法。

通常、梁は天井の下を通るが、逆梁工法においては天井の上を通ることになる。梁が室内に出ないので天井が平らになり、高い家具を置く場合など室内のレイアウトがしやすいというメリットがある。

またバルコニーの壁として利用すれば、下の階の梁が上階に出ることもなく、天井を高くすることも可能となる。

一方で建築に時間がかかったり、費用が高くなるなどのデメリットもある。

edit