工事監理 [ コウジカンリ ]

設計図の図面通りに建築工事が行われているかを確認する人。一級建築士などの資格を持った専門家が、建築主の代理人として現場に赴き、図面通りに施工が行われていない場合には手直しを支持する。

欠陥住宅や手抜き工事を防止するためのものだが、大手企業の場合は自社の人間を使うことが多く、監理がきちんと行われないケースもある。

本来は第三者の建築士にチェックしてもらうのが理想。工事監理者を決める際には、工事監理業務に関する委託契約を結ぶ必要がある。

edit