内金 [ ウチキン ]

代金を何回かに分けて支払う場合、途中での支払金を内金と言う。正式には、中間金と呼ぶ。通常、現金や小切手で支払われる。金額は当事者同士で決定。

内金を支払うと手付解除は不可能となるのが原則で、報酬の一部代金の意味が込められており、手付金とはやや異なる。ただ不動産取引のケースでは、手付としての性質も持っている場合もある。

edit